Rikitan3776’s diary

面白いブログ・なおかつやさしいブログで書評をメインにしていきます。

【箱根といったら観光地!箱根園】にLet's go!?綺麗な芦ノ湖はまさに絶景。

どうも、リキタンです。
今回は観光地における箱根園について見ていきたいと思います。アクセスは小田急線の電車に乗ればいいわけなんですが、小田急ロマンスカー箱根湯本駅から伊豆屋根バスを使って1時間ちょっとかかります。電車とバスを使っていく、又は家族そろって車で出かける人達が多いはずです。僕はロマンスカーメトロはこね91号に乗って箱根湯本駅まで行きました。はこね何号でも時刻通りに着けばいいので、どれでもいいのですがその日のスケジュールにもよるでしょう。座席券を購入して、いざロマンスカーの旅にお出かけしましょう。

箱根園にはどんな観光地があるのでしょうか?箱根園には芦ノ湖という絶景な景色を眺められる綺麗な湖が流れていて、その付近に箱根園水族館・箱根園どうぶつランド・絶景日帰り温泉龍宮殿があり、これらについてご紹介していきます。箱根はこんなにも立派で素晴らしい景色が見れる為、観光客も多いです。この箱根園には箱根登山ケーブルカーが山の方を見上げるとあることから、箱根駒ヶ岳ロープウェイに乗ることができます。残念ながら、強風でロープウェイが運休になってしまった為、代わりに温泉で帳尻を合わせる結果となりました。

箱根といったら第1に挙げられるのは温泉です。しかし、水族館・動物園もありますし、そんな大規模なところではないので1日で回れてしまいます。ここの箱根園水族館はバイカルアザラシがメインキャラクターとなっているようで、水族館キャラクターのえんむすびのエンちゃんが14時15分から水族館入り口付近にて登場して、写真撮影等ができます。大規模でなくてもこういった工夫をしていてショーもありますが2つほどで、バイカルアザラシショーと癒しの海中ショーです。

水族館付近にある綺麗な芦ノ湖。この海水を使っているようで。
f:id:Rikitan3776:20190618152429j:plain

チケットはJTBで1000円の前売り券を買うか、当日どうぶつランドにて1800円のセット券を買うのがお得です。通常の大人券だと水族館だけで1500円かかり、どうぶつランドも1000円餌やりに300円ほどかかりますが餌やりができるのであれば惜しみなく、餌やりにはお金をかけたいところです。特に生き物を見るのも楽しいですが、触れるのもドキッとして良い。でも、餌やりは1番のイベントなんじゃないかと思うくらい見るだけのものとは違います。

どんな生き物がいるのかといいますと、コツメカワウソが6匹いたりアオウミガメ3匹にサンゴアイゴ、ネムリブカ、エイラクブカ、ツマグロ、クモハダオオゼ、コブラーウォビゴング、ドチザメ、ネコザメ、キングペンギン、ジェンツーペンギン、マカロニペンギン、アメリカン・ロブスター、バイカルアザラシが4頭ほどいます。この中で珍しいと思えるような生き物がクモハダオオゼという茶色のサメやサメの仲間のコブラーウォビゴング、マカロニペンギン、アメリカン・ロブスターが挙げられます。

クモハダオオゼがこちら。サメの仲間です。
f:id:Rikitan3776:20190618152820j:plain

サメも多くいますが、ペンギンにマカロニペンギンがいるのは名前もあまり聞きませんからぜひこの目で見てみたいと感じるのですが、おそらくイワトビペンギンに近いペンギンがマカロニペンギンで見ものです。1番えっー、と言ってしまいそうになるのがこのアメリカン・ロブスターです。水族館にロブスターがいるのは引いてしまいそうになりますが、アメリカザリガニのでかいバージョンといえば分かるのかと思います。色は青色をしており脱皮したものが展示されていたりします。

これがマカロニペンギン。イワトビペンギンみたいなペンギンです。
f:id:Rikitan3776:20190618152658j:plain

アメリカン・ロブスター。こんな大きいのか。
f:id:Rikitan3776:20190618152600j:plain

よくサメのことを生きている化石と呼んでいることが多いのですが、生きている化石とは太古の昔から姿、形を変えないまま現代まで生き残っている生物のことをいい、この水族館にもたくさん生きている化石と呼ばれる生物がいるようです。チュウゴクオオサンショウウオがフィーリングスペースで展示されていて通常のオオサンショウウオよりも大きいです。デンキナマズも中国版のデンキナマズでとにかくでっかいです。淡水館に移動すると見ることができます。

若干、見えにくいですがオオサンショウウオです。
f:id:Rikitan3776:20190618152940j:plain

この淡水館を通じていけば、世界のカメエリアでたくさんのカメとワニガメが静止して岩になりきっているところを見れます。岩になりきっているのは獲物を捕獲して食べる為です。出口付近には大量のピラルクとケープペンギンが待っています。ケープペンギンは別の水槽で展示されているのですが、ペンギンの中では体の大きさが丸く小さくて、色も白のことも多く可愛いペンギンで推しつつあります。

可愛いケープペンギン。退屈そうなところ。
f:id:Rikitan3776:20190618153131j:plain

今、注目を浴びているのが好適環境水というものです。好適環境水は淡水魚と海水魚が一緒に泳げて展示できる人工的な水でこの水が生かされるよう期待がされています。水の濃度を魚の体液に合わせることで淡水魚が海水で泳げなくても、その水の濃度を人工的に調整していることによって淡水魚と海水魚がコラボできるというものです。

全部でイベントは4つありまして、上記のものを含めて癒しの水中ショー、バイカルアザラシショー、360度VR水中体験、エンちゃん登場タイムでマスコット対面できる縁結びのエンちゃんなど。水族館で初めて360度VR水中体験というものを導入していて、実際にVR体験をしてみました。感想は大水槽にいたお魚が大きくなってたくさん泳いでいる。水槽の中に入れてダイバーも登場して海中ショーが行われている。このような発見があり、VRですから激しいアトラクションに乗って酔って目まいを起こしたりするなどはございません。気楽に楽しめるゲームとしては強い存在です。

まずはバイカルアザラシショーについてです。淡水館を渡ったところにバイカルアザラシが4匹ほどゆとりあるスペースで暮らしているのを発見できます。ショーが始まりますと、アザラシが回ったり芸を見せてくれます。アザラシはアシカよりも可愛いところがあり、アシカはいませんが例えの話です。ゆったりのショーでしたが、拍手したりボールを使ってのドッチボールやダンスの回転をしたり、ビート板のように輪を持ってきてくれたり最後は箱根名物の温泉アザラシを見たところであがって赤く熱くなりました。

輪というか、ビート板のような青いものを動かしていましたね。飼育員さんのところまで持ってきてくれます。
f:id:Rikitan3776:20190618153246j:plain

アッシイ君が箱根温泉に浸かった癒しのところ。
f:id:Rikitan3776:20190618153413j:plain

そして、癒しの海中ショーです。この癒しの海中ショーは海水館で行われます。癒し?とはどういうことなのか。魚に癒されるのでしょうか。この水族館は標高723メートル様々な生き物たちが集まった日本で1番高いところにある水族館です。特に、この大水槽は正方形に近い形の水槽でたくさん魚が泳いでいます。

一般の水族館の大水槽でもたくさん魚が泳いでいますが、見た感じで大水槽に入っている魚にしては数が少なめな気がします。ダーバーが大水槽で魚の群れと泳いで、泡がポンポンガラスに付着して華麗なパフォーマンスを見せてくれました。ご飯もあげてアオウミガメがくると、魚が一斉に逃げて食べられてしまいました。あまり大きな魚を狙わず、プランクトンを食べた方が良いのかもしれません。

アオウミガメが泳いでいるところ。
f:id:Rikitan3776:20190618153528j:plain

360度VR水中体験もあります。ゴーグルをして全体を見てみるとなんだ、こりゃ!?大きな魚がいっぱい。大水槽の中の景色を見ることができます。手で捕まえたくなりますが、必死に手で捕まえようとすると隣にいる人のほっぺたをつねることになるので諸注意はしっかり守りましょう。水族館のショーのVR体験もいいかもしれないですし、バードショーだったら迫力MAXでそれまた面白いでしょう。

他にもエンちゃん登場タイムというイベントがありました。これはただ、エンちゃんが指定の時間にやってきてプニプニ触れるよというものです。流石に殴ったり小さな男の子がパンチしたりしたら、出禁になりますからマスコットキャラクターにはやさしく触れることが大切になります。エンちゃんだぁー、皆でぶん殴ろうぜ。それはちょっとルール違反になってしまいますので小さなお子さんは気をつけましょう。

癒しのエンちゃんが登場!あざらしの仲間です。
f:id:Rikitan3776:20190618153610j:plain

また、箱根園には隣接している箱根園どうぶつランドだっこして!ZOO!があります。このどうぶつランドは動物園とはまた違うものなんですが、たくさんの生き物に触れ合えたり餌やりすることができたりします。ですから、触れ合いがメインという形で動物園よりは高いですが、通常動物園でも触れないような動物にも触れたり餌やりの時間関係なく、営業時間であれば餌やりカップに人参やスティック状の餌を与えられます。お店の人に触りたいアピールをしたりすればミーアキャットやチンチラに触れ合えることができます。

いや、ちょっと待って下さい。あのミーアキャットとチンチラに触れるなんて天国に来てしまったのかと思ってしまうようなものです。他にもメンフクロウをなでなでしたり、アルマジロにも触れてみたりイヌやネコ・ウサギにもなでなでできるのです。

どんな動物がいるのかといいますと、ミーアキャットにチンチラアルマジロビルマニシキヘビ、コモンリスザル、リクガメ、カンガルー、カピバラ、アルパカ、アンゴラウサギ、コンチネンタルジャイアント、ウラルフクロウ・ユーラシアワシミミズク・メンフクロウ、ポメラニアンミニチュアシュナウザーゴールデンレトリバー・柴犬・ダックスフンド・トイプードル、ネコちゃんが4匹ほど。ネコちゃんはグレーの猫でしたが、どれも似たようなもので区別しづらく名前が分からないので置いときましょう。

触った感想でチンチラはもの凄く柔らかい体毛でアルマジロは甲羅を触ればイメージでも分かる通り硬くて、カピバラは硬い毛質、メンフクロウはつるつるな肌触り他にもコモンリスザルやリクガメにイグアナなどがいます。ミーアキャットはつるザラのような毛質、ちょっと硬めでした。チンチラは眠っている姿も可愛いのですが、なでなでしたところふわふわすぎて飼ってもいいかもしれないと感じました。人形よりもふわふわですから、チンチラは触り心地が良いです。この動物ランドに行けばミーアキャットにも触れられます。

チンチラが寝ているところ。
f:id:Rikitan3776:20190618153801j:plain

コンチネンタルジャイアントがこちら。大きくて耳も長い。ウサギジャイアントです。
f:id:Rikitan3776:20190618153843j:plain

そして、イヌやネコには休憩時間があるものの空いていれば並ばなくても触れられます。触りたいワンちゃんがいれば触れますし、触らなくても寄ってきて膝の上に乗ってくる子もいます。僕はマルモリで有名なムック、ミニチュアシュナウザーが僕のところにやってきてクンクン匂いを嗅いだところ、気に入ったらしくベンチで休もうとしたところ、膝の上にジャンプして寄ってきました。ミニチュアシュナウザーを抱っこすると、これがめちゃくちゃ重たいのです。こんな重いとは予想だにしてなかったので、飼っているトイプードルの10倍は重たいぐらいです。

40キロの荷物を持っているかのような感じで、びっくりしました。トイプードルやダックスフンドなどポメラニアンは割と臆病で触られる前から逃げていきますが、慣れている子は安心していて良いです。ポメラニアンにやさしくなではじめると、さっきまで怖がっていたのが落ちついて、なでなでするのは安心さする効果があるんだなと感じたものです。餌やりはカンガルーやアルパカにカピバラにもあげられるので、お嬢様系のアンゴラウサギにもあげられたりできます。この動物ランドはたくさんの生き物に触れられて、便利で楽しいです。

カピバラに人参をあげようとしているところ。
f:id:Rikitan3776:20190618154136j:plain

アンゴラウサギがこちら。お嬢様みたいです。
f:id:Rikitan3776:20190618154044j:plain

最後は絶景日帰り温泉龍宮殿です。この龍宮殿では絶景日帰り温泉を満喫することができます。スーパー銭湯と違ってホテルの温泉になりますし、ホテルの温泉だとおもてなしがあるのを感じられて給水機があったりドライヤーは無料で使えたり、絶景の景色が見れたりできます。その分、入浴料は高いですがお金には変えられない価値があるように感じます。まさに、外の景色は絶景です。まだ雪をかぶってなくても富士山が綺麗に見れたり、たくさんの山々が見えてその下を見ると綺麗なブルー色をした芦ノ湖が流れています。

龍宮殿から見た芦ノ湖の景色。
f:id:Rikitan3776:20190618154227j:plain

もちろん、絶景といっても細部まで見ていけば目の前の木々で景色が綺麗に見えなかったりすることもあります。シャンプーやリンス・ボディソープなどもついています。メガネをかけている人にはロッカーについているメガネ入れ空間を利用すると便利です。メガネ置きスペースがついていて、そこに入れられるのです。といっても、メガネをかけないと絶景もなにも見えないのでそれで足を滑らせて頭をぶつけて死亡するよりは、メガネをかけて湯船に浸かった方がまだマシです。サウナもついていますが、なにより美しいのはこの湯ではなく芦ノ湖です。箱根に来たら温泉に入るのがいいでしょう。たまには贅沢も必要?ともいうべきでしょうか。

今日はここで締めたいと思います。
また、ごきげんよう〜〜
f:id:Rikitan3776:20190618152302j:plain

ロブスターやバイカルアザラシのぬいぐるみ、カピバラのぬいぐるみもおすすめです。こちらのページからでも購入できます。

◆活オマールロブスター(600gx3尾)お買い得/カナダ直輸入/活/オマール 海老/オマールエビ/ロブスター/還暦祝い/肉厚/バーベキュー/記念日/テルミドール/新鮮/誕生


きゅんきゅんコロン バイカルアザラシ ぬいぐるみ 高さ11cm


カピバラさん もふっとカピバラさん 抱きしめサイズ カピバラさん ぬいぐるみ